ブラックお金がない※即日融資OKの頼れるカードローン

 

お金がないときに頼れるキャッシング&カードローン

『お金がない』という状況にも色々ありますよね。
●給料日までの生活費がない
●欲しいものがあるのにボーナスはまだ先
●先払いの旅行代の用意が間に合わない
●新車購入の頭金が足りない
●結婚式費用を工面したい

 

キャッシングやカードローンはれっきとした借金ですので返済するというのは当たり前の事です。
ボーナスさえ入れば、給料さえ入れば、分割さえできれば…
と思っている方にとってキャッシングやかーどローンはピンチを救う救世主となってくれるかもしれません。

 

これから利用しようと金融会社を選んでいる。
どの金融業者が良いのか決めかねている。
興味のある会社を見つけたけどここってどうなの?と思っている方。

 

せっかくキャッシングを利用するならもちろん『希望する融資額を受けたい』はずです。

 

しかし、適当に金融業者選びをしてしまうと、希望融資額を融資してもらえないなんて事になってしまうかもしれません。

 

今回はキャッシングやカードローンの利用を考えている方に業者選びのコツなどをご紹介していきたいと思います。

 

誰でも借りれるキャッシングはある?

そもそもキャッシング初心者にとって『審査』というものは怖いと感じてしまうもの。

 

審査に受かる条件としてどの業者も共通しているのは
『職に就いている方で安定した収入を得ている方』であることが第一条件となります。

 

無職の方にお金を貸しても働いていないのであれば収入がありませんから返済は難しいと判断されますね。

 

いくら前職で高収入を得ていても現在無職の方が融資を受けれる可能性は0です。

 

職業についての制限はありませんから、正社員でなければ審査に通らないなどという事はありません。

 

アルバイトでもパートでも派遣であっても融資を受けれる可能性は高いです。

 

ネットでは『消費者金融の審査は甘く、銀行カードローンの審査は厳しい』というようなクチコミを目にしたことがありますが、正直申し上げて審査に『甘い・厳しい』はないと思ってください。

 

無審査で融資を行っている業者はありません。
しっかりと審査を行った上で融資するかしないかを判断していますが、
無収入なのに収入を多く申請したり、働いてもいない企業で働いていると申請したり、他からの借り入れがあるのにないと申請したり、ウソを付いてしまえば審査には落ちます。

 

『過去に借金をした事がある』というのはデメリットではない場合もあり、過去の借金を滞納する事なく完済している履歴があるなら、信頼性がアップする事だってあります。

 

キャッシング初心者でもクレジットカードの利用履歴で傷がなければ信頼度が増すなんて事もありますよ。

 

 

希望額の融資を確実に受ける方法

新車の購入で100万円の融資を希望しているのに『あなたに融資できる額は10万円です』と言われたらどうしましょう。

 

他の業者を再度選んで審査申し込みをしなければならなくなってしまいますよね。

 

この項目は、希望融資額が多い方に必ず読んで欲しい項目です。

 

あなたの年収が300万円だった場合、120万円の融資を受けられる可能性があるのはどちらでしょう。

 

A:消費者金融
B:銀行カードローン

 

正解は銀行カードローンです。

 

なぜなら『総量規制』が大きく関わってくるからなのです。

 

2006年12月に成立した賃金法の中の総量規制というのは個人の借り入れ総額が原則年収の3分の1までに制限されることを言います。

 

この事から年収300万の方が借り入れできる額が100万円だと判りますよね。

 

結婚式費用や新車購入の為に100万円以上の融資を希望するなら消費者金融に申し込んでも100万円までしか融資は受けられません。

 

他の業者に残りの20万円の審査申し込みをしても信用情報機関に『この方はすでに100万の融資を受けている』という事が登録されますので審査に通ることはないでしょう。

 

総量規制の対象となるのが消費者金融やクレジット会社。

 

銀行からの借り入れに関しては賃金法ではなく銀行法が適応されるので、総量規制の対象とはなりません。

 

ですから、年収の3分の1以上の融資を受けたいと思っているのでしたら、総量規制の影響を受けない銀行カードローンを選択しなければならないという事になります。

 

パチンコや競馬などの収入を合わせたら借り入れ額はアップするか?

総量規制の対象となる消費者金融でのキャッシング。
年収は300万円だが、競馬やパチンコなどで給与以外に一定の収入があるという方も中にはいるでしょう。

 

総量規制の基準となる年収は
●給与
●年金
●恩給
●不動産の賃貸収入
●事業所得
に限っています。

 

いくら年収以外で月に10万円をコンスタントにパチンコで増やしていたり、
競馬で大勝ちをして年収以上の配当を得ていてもそれは年収とは認められませんので総量規制の年収を挙げることは不可能です。

ブラックになるのはどんな人?

 

『ブラック』というのはどのような方の事を言うでしょうか。

 

過去に借金を返さずに逃げた人。
何ヶ月も滞納を繰り返した人。
借金を重ねてしまい返済できず、自己破産などの債務整理を行った人。

 

このような方がブラックになるという事をご存知の方は多いかと思うのですが、実はこれだけではありません。

 

審査申し込みをしたら業者側は必ずあなたの過去の金融情報を調べています。

 

キャッシングの経験がない方は『自分がブラックなわけがない』と思っているでしょう。

 

しかし、クレジットカードの支払いを滞納したり、携帯電話料金の支払いをせずに飛ばしたなどの情報も一定期間信用情報機関には登録されています。

 

金融事故として登録されている情報は事故内容によって削除される期間に差がありますが、審査申し込みの際に『ブラック』の状態で融資を受けれる可能性は0です。

 

『クレジットカードも持ったことがない。携帯代も遅れたことはない』
このような人はブラックにはならないのでしょうか?

 

一つだけブラックになってしまう危険があります。

 

それは審査申し込みを複数社同時に申し込みするという行為。

 

あなたは『A社かB社、審査に通ったほうから5万円を借りようかな』と2社同時に審査申し込みをしたとします。

 

金融業者は信用情報を見て『うちのほかにも審査申し込みをしてるな』という事がわかると
『この人は相当お金にこまっている。返済は難しいのではないか』と審査には通らなくなってしまいます。

 

審査に通らないだけでなく、『申し込みブラック』になってしまった方は最低でも半年間はどの金融業者の審査申し込みをしても審査に受かることはなくなってしまうので注意してください。

 

 

ブラックでも借りれるカードローンはあるか

 

ブラックになってしまってから審査申し込みをしても融資をしてくれる業者はないと思っていいでしょう。

 

しかし、世の中には『ブラックでも融資可能』『無審査で即日融資』『無職でも借り入れ可』といった信じられない勧誘分で客引きをしている広告が存在します。

 

はっきり申し上げてこのような広告は闇金である可能性が非常に高いです。

 

闇金というのは確かにろくな審査もせずに融資が受けれる可能性もあります。
しかし、法外な金利で返済を迫られたり、返済が遅れた際には非道な回収方法で取り立てることもあります。

 

中には『今お金を用意さえできれば高利でも良い』
などと闇金に頼る方もいます。

 

しかし最近では『我が社がこの会社に根回しをすればブラックは消える』
『手数料を払えば融資できるようにします』など融資をせずに手数料だけをとるやり方や、クレジットカードを現金化する方法を伝授され、クレジットカードで高額商品を買わせて商品を売り、手数料を引かれた現金だけを渡されて支払いはあなたがしなければいけないなど詐欺ではないのかと思うような手口でお金を巻き上げてくることもあります。